薬剤師の世界は非常に狭く、薬局のように今の勤務先と転職先が近いと不都合が起きることもあります。

薬剤師だけじゃない!薬局への転職

薬局から薬局への転職で気をつけておきたいこと

薬剤師としての仕事は、さまざまであるが一般的に良く知られているのは薬局での薬の服薬指導ではないでしょうか。そのほかにも病院で働く薬剤師やも身近であるが、薬剤師の資格を持っていると科学捜査官や都道府県の薬務担当、製薬会社でのMRや開発職といったように働き方は多様です。女性にとって薬剤師の資格は非常に魅力的です。というのも、資格は一生ものですしお給料は高い、しかも日本全国各地に薬局も病院もあるので仕事に困らないのです。薬局や病院でも、正社員での募集のほかに、パート社員として募集が多く結婚・出産・育児などの女性のライフステージに合わせて働き方が柔軟に選べるのも仕事を続けていく上でよい点です。

引越しを伴う移動により転職をする場合には、自分の勤務条件を優先して転職活動をすると良いのですが、同じエリアで転職をする場合には気をつけておかなくてはならない点があります。薬剤師の世界は非常に狭く、今の勤務先と転職先が近いなどテリトリーが重なると不都合が起きることもあります。お互いに知らない店舗ではないため、協力し合っている場合もありますし顧客を引き抜いたと思われても困ります。さらに職場の情報を他言されるのではないかなど、要らぬ詮索をされてしまいます。転職時にはテリトリーがかぶるような場合には、円満な退社は必須です。新しい職場でも何も心配事なく受け入れてもらえるような配慮が必要になってきますので、くれぐれも慎重に転職活動をしてください。