薬剤師不足で条件の良い求人が多く出ている今、大手薬局に転職するチャンスなのかもしれません。

薬剤師だけじゃない!薬局への転職

薬局に転職するなら今!

薬剤師業界は4年制から6年制に変わり、6年勉強した新卒薬剤師が毎年出てきている状況です。当初薬局や病院で十分研修を積んで即戦力になる薬剤師が卒業してくると思われていたため、長年続いていた薬剤師不足もすぐに解消するとみられていましたが、実際6年制で卒業した薬剤師は即戦力とまでは達しないレベルの人が多く、薬剤師不足はまだまだ続きそうな模様になっているようです。さらに、6年制の薬剤師は病院への就職を目指している学生が多く調剤薬局の人材不足は依然深刻な状況です。そこで、転職時期を逃してしまったと考えている薬剤師も、今がチャンスなのかもしれません。6年制が卒業し始めたら転職しても高い収入は期待できないとうわさされていましたが、薬剤師不足の現状は変わらず給与も高い水準で維持されているようです。薬剤師としてスキルアップを考えている人も、今なら研修制度の充実した大手調剤薬局などへの転職が可能なようです。これが少し時期が遅れてしまうと、6年制で出てきた薬剤師がバリバリ働く次期になり、転職も難しくなります。高い給与で良い条件を期待するなら今がチャンスなのかもしれません。

では実際どんな人が転職を考えているのか、ということになると、理由は様々なようです。多いのが病院→薬局の転職なようです。病院薬剤師というと、学生が想像するのは病棟に回って服薬指導をし、医師と供に回診し、カンファレンスをし、などと、アカデミックな業務を想像するかもしれませんが、実際そうした業務を行えるのは公立の大病院など限られた病院です。実際の病院薬剤師は病棟に行く暇もないほど調剤に明け暮れている人が多いようです。それでも給与は薬局には及ばないほど安いのが現状のようです。