現在ドラッグストアに努めている方が調剤薬局に転職すると、休日が土日になるケースが多いようです。

薬剤師だけじゃない!薬局への転職

薬局の転職と、休日について

ドラッグストアに勤める薬剤師にとって、問題なのが土日に休みを取りにくいということではないでしょうか。多くのドラッグストアの場合、365日営業を行っているため、土日も当然営業しています。そのため、ドラッグストアに勤めてしまいますと、なかなか土日休みを取りにくいということもあるのです。しかし、薬剤師の資格を取得する方の多くは、育児中の女性が多いため、できれば子供のために、土日休みで勤務をしたいと思うかと思います。では、薬剤師の資格を持っている方が、土日休みの職場に転職をしようと思ったら、どのような職場を探せば良いのでしょうか。

薬剤師の働くことができる場所というのは、いろいろな場所が存在しますが、その中でも土日休みやすいのは、調剤薬局です。調剤薬局の多くは、近隣の医療機関に合わせてお休みを取っています。これはなぜかといいますと、調剤薬局に薬を作ってもらいに来るお客さんというのは、その近隣にある病院で薬を処方された人がほとんどだからです。一般的な病院は、土日休み、または土曜は半休、日曜祝日はお休みというように設定されています。そのため、土曜日の午後や、日曜日に薬局を開いていても全くお客さんが来ないことになってしまうのです。ですので、調剤薬局の多くは、周辺の医療機関に合わせて、土日休みにしているところが多く、そこで働く調剤師は、土日休みを取りやすくなっているのだそうです。もしよかったら参考にしてください。